親が子育てをする際にこれらを実行することで、子どもは人生の幸福指...

親が子育てをする際にこれらを実行することで、子どもは人生の幸福指数が高くなります。

子どもたちは高い幸福指数

人の幸不幸は、本家の影響に大きく左右され、親の子育てのあり方が重要なのです。子育てができる親は、子供をリラックスした良宣明會助養兒童れ、幸せを感じやすく、子育てができない親は、子供を落ち込ませ、不幸せな気持ちにさせることができます。では、子育てをよりハッピーにするために、親は何をすればいいのでしょうか。

自己主張のできる子どもを育てる

1つ目は、自分の意見を持てる子どもに育てることです。 多くの親から見れば、いくつになっても子どもは子どもですから、服や靴を選ぶなど、子どものためにいろいろなものを選ばなければならないという義務感があるのでしょう。 しかし、こうした親が理解していないのは、子どもの意思を盲目的に無視して決断することが、必ずしも子どもにとって良いことではないということです。 それは、親への依存心を強めるだけでなく、自分の考えを欠き、常に他人のことを考えてしまうという、将来の成長に不利な性格につながりがちで、子どもは自分自身の幸せや充実感を失うことになるのです。 だから、子どもの成長のために、親は自分の意見を持てる子どもに育てることに力を注ぐべきです。

娘より息子を優先しない

伝統的な考え方のため、娘よりも息子を優先する家庭が多く、それがまた子どもを非常に不幸にすることがあります。 特に女の子は、すでに繊細でデリケートな心を持っています。 親が娘宣明會助養兒童すると、心にひどい傷を負い、自分を否定して非常に劣等感を持つようになることもあります。 きっと、どの親も直面したくない結果なのでしょう。

貧乏でもなく、金持ちでもない

また、「貧乏人の子、金持ちの子」という言葉があるが、これは、男の子は貧乏に育てた方が将来多くのことを成し遂げられる、女の子は金持ちに育てた方が大人になってから簡単に騙されないという意味だが、これは全く正しくはない。 子供たちが幸福感を得られるように、男の子も女の子も精神的に豊かであるべきです。

"セックストーク "をしない

中国の親は昔から繊細で内向的であり、子供の教育において「性」など多くの問題について曖昧で恥ずかしい思いをしてきた。 しかし、社会がオープンになっている今、宣明會助養兒童ても、子どもは他から得て、その知識がより不明瞭で不健康なものであっても、親が自ら子どもに伝えたほうがいいと思います。 しかも、親はこうしたプライベートな話をすることで子供との距離を縮めることができるので、子供と「性転換の話」をするのはやめましょう。

私たちは、子育ての過程でこれらのポイントにもっと注意を払えば、子どもたちは高い幸福指数を身につけることができると考えています。

どうすれば親として子どもが幸せに成長できるのか?

親は家庭と学校での共学のパートナーであるべきだ 完璧な子供も、完璧な親も、完璧な学校も、完璧な教師もいない。 親は、宣明會助養兒童しるべとなる存在です。 学生のすべての親は、我々は家庭や学校の共学のパートナーである必要があります、宣明會助養...


親はどのように子供の成長を手助けすればよいのでしょうか

子どもの幸せの土台が崩れてしまったという話ですが、今回は、保育者である私たちがどのように再構築し、宣明會助養兒童けばいいのかという話をしたいと思います。 私たちは、保護者の方に次の3つのことを提案します。 反抗期」の子どもの年齢による心理的...


子どもが問題を抱えたときでも、安心して育てられます。 問題解決に「ナッジ」アプローチを使えば、すぐに結果が出ます

我が子を育てる過程では、臆病になったり、泣いたり、新しいことに挑戦するのが怖くなったり、さまざまな宣明會助養兒童悩みにぶつかることが多いのですが、子育ての悩みを解決する「ナッジ」という方法があります。 なぜ、子育てに「押しつけ」をするのか ...


この記事へのコメント

人気記事